特徴

特徴

1.日本特許出願

 あらゆる技術分野に対応できる陣容の下、最新の法律に精通し、長年培った豊富な実務的ノウハウを駆使して、日本において権利行使しうる強い権利を獲得すべく、有効な明細書の作成、及び中間処理の代理業務を行います。
  原則として、発明者の方と面談を行い、発明を理解することは勿論のこと、クライアントの出願の意図を的確に把握して、特許出願を行っています。

2.外国特許出願

 国内出願はもとより日本から米国・欧州・アジア諸国等の外国への出願も、事務所創立以来多数扱ってきています。当事務所のポリシーは、外部の翻訳業者を使うことなく、100%所内で、技術的バックグラウンドを持ち、かつ、外国特許法及び出願・中間処理実務に関する深い知識及び経験を有する弁理士及び技術スタッフによって、外国出願用の明細書を外国語(主として英語)で作成することであります。特に、米国出願については、そのまま米国特許庁に提出しうる明細書及び中間処理の書類を作成します。

3.外国クライアントのための日本特許出願

 あらゆる技術分野に対応でき、英語を自在に操れる陣容を揃え、日本における強い権利を獲得すべく、英文明細書を正確に翻訳し、有効な和文明細書を作成し、出願代理を行います。当事務所のポリシーは、外部の翻訳業者に委託せず、100%所内で、技術的バックグラウンドを持ち、かつ、日本の特許制度及び実務に関する深い知識及び経験を有する弁理士及び技術スタッフによって、英文明細書に基づく的確な和文明細書を作成し、また、外国クライアントと電話会議を含むあらゆる通信手段を用いて、密接なコミュニケーションを図りつつ、適切な出願及び中間処理を行います。

4.意匠・商標

 意匠・商標についても専門の弁理士を揃え、日本及び世界各国への出願を扱っております。

5.審判、訴訟及び鑑定

 出願のみならず、長年の豊富な経験に基づき、特許庁における審判、知的財産高等裁判所における審決取消訴訟、地方裁判所及び知的財産高等裁判所における侵害訴訟、並びに鑑定を多く行っています。

6.分室

 日本のクライアントにとって、より利用し易い国際サービスを提供すべく、2007年にワシントンDC分室を設立しました。

7.IPレポート

 当所では、最近の国内外の知的財産制度の動きや裁判所の判決のうち、実務上注目すべきものを取り上げ、これを「ITOH IPレポート」の形で提供しています。

8.セミナー

 国内外の各種セミナーに講師を派遣しています。当所には経験豊富な弁理士に加え、弁護士、米国特許弁護士、米国パテントエイジェント及び専利代理人(中国弁理士)といった豊富な講師陣が揃っています。ご要望に応じて様々なセミナーを開催することが可能で、セミナールームも完備しています。

9.事務管理

 業務の効率化を図るため特許管理システムを導入し、正確な期限管理を遂行しています。所内LAN及び国内分室・海外ブランチをWANで結び、事務所専用のサーバを設置しデータを管理しています。
 更に、事務スタッフによるチェックシステムも事項によりダブル、或いはトリプルチェックを行い、事務管理には万全を期しています。

10.所員教育

 当事務所は、全くの特許実務経験のない新入所員に対しても、やる気と技術力があれば、マンツーマン方式での教育と、OJTによる教育を通じて、その才能を生かし、実力を養成するようにしています。
 また、最新の国内外の法制度・実務についてのレクチャーや連絡会を定期的に開催し、全員が最新の国内外の法律・審査基準・実務に対応できる環境を整えています。

事務所マークの紹介

このマークは図案化して組合わされた“I”“P”とよりなります。
“I”“P”
Intellectual Property(知的財産)
ITOH (International)Patent(伊東(国際)特許)
等を意味します(登録商標)。
特徴
PAGE TOP